メリット錦糸町店でがんばっている先輩オーナーの声

リユース事業が環境にやさしく環境保全に貢献しているという事実を自負できる仕事です

メリットを始めたキッカケは?
 当時、店長として働いていた婦人服店のあるフロアーに「リサイクルショップメリット」がOPENしました。
 リユース事業を全く知らなかった私は興味を持ち、タンスに眠っていた洋服を委託に持っていったところ、
 大変良く売れ、精算金がお小遣いにとなり、とても嬉しかった記憶があります。

 それから1年後くらいにメリット先代社長の江口洋氏よりメリットのオーナーにならないか?との誘いがありました。
 ブランド品など皆目わからない自分に出来る仕事ではないとの不安もありましたが、本部がフォローするという
 確約を頂き、新たな仕事への好奇心も強く、引き継ぐことになった次第です。
メリットを始めてどうですか?
 オーナーになった当初、お店はショッピングセンターの中でも条件の悪い奥まったところにあり、
 またOPEN1年目と認知度が低かったため、お店への1日の入店客数が10人前後と少なく、
 苦戦を強いられました。
 それでも本部からの指導があり、お客様の滞留時間を長くすること1分でも長くお店に居て頂くためにイスを勧め、
 お茶を出し、世間話をしながら商品を見て頂くことを続けました。

 店に来ることが楽しい、と言うお客様が増えてきますとお客様同士が仲良くなったり、
 お客様がお客様を接客したりと仕事ではありますが楽しくリラックスできる時間が持てるようになりました。
 13年経った現在は委託のお客様が1600人を超え、スペース等の問題でお茶出しが出来なくなったのが残念です。
魅力おもしろさは何ですか?
 今でも最初からのお客様が週に何度かお顔を見せにご来店頂いていることが一番の喜びになっています。
 また何といってもリユース事業が環境に優しく、私どもの扱っている商品は主に衣料品ですが環境保全に
 貢献しているという事実を自負できることも仕事への意欲に結びつきます。

 昨年の東日本大震災の折には、お客様より寄付して頂いた品物の売上で新品の下着や靴下などを購入し、
 宮古市の支援団体に送らせていただきました。
 お客様からのご厚意を無駄にすることがないよう心掛け、お店の存在意義とお客様との繋がりの大切さを
 深く認識致しました。
お客様との関係性の築き方とは?
 毎日の運営でお客様に喜んで頂く(リピーターなって頂く)ために年4回の委託料割引やその他お知らせを
 メインとしたDMを送って効果を得ています。商品構成、商品の展示方法もとても大切なことです。
 しかし、何といっても一番大切なのは「お客様に喜んで頂く気持ち」だと考えます。

 お客様は大変鋭い眼をお持ちです。
 上辺だけの接客ではなく私どものお店では「真心込めたお付き合い」をモットーにお客様との関係性を
 深めています。
 今後ともいろいろな面でお客様と一緒に喜びを見出せる仕事になるよう努力していきます。

 

「オーナーの件で」とお気軽にお電話ください